スタッフブログ

ホテルプラザ神戸 バージンロードの素敵な意味

2014-1-15 15:26
未分類

プランナーブログをご覧のみなさま こんにちは

寒い日が続いておりますね 

お風邪など 引かれませんよう お気をつけ下さいませ

さて、本日はバージンロードの素敵な意味を 

みなさまにご紹介出来ればと思っております

0812チャペル

ご存知の方も多いかと思いますが 

バージンロードとは花嫁の人生を表しております

最初のチャペルの扉は『誕生』

花嫁が一歩を踏み出す前のお母さんのおなかの中

扉が開いて歩き出す その瞬間が人生の始まり

バージンロードは花嫁の人生の軌跡であり『過去』

最初の一歩は新婦が生まれた日

次の一歩は新婦が始めて立った日

そんな風に家族とともに過ごしてきたその時間を

お父様と共に 一歩一歩踏みしめながら歩いていきます

そしてそのバージンロードの終点にいる新郎と手を取り合う 

そこから先が『未来』

今そこまでしかバージンロードが無いのは 

これからの未来はこれから作られていくから…という意味でございます

だから、その道は他の人たちは絶対に踏み込むことはできない

大事な道ということで バージンロードは神聖な道と言われています

さらに新婦様とお父様が一緒に歩かれる時

右足を出して左足をそろえる 次に左を出して右をそろえる 

の様にゆっくり歩きますよね?

これは単に転ばないように歩いているのではなく

赤ちゃんの時のよちよち歩きを表しています

生まれて初めて歩けたときは まだおぼつかない足取りで

それでも確実に歩いていき その一歩の大切さが 

きっと今より何倍もあったと思います

そうやって もう一度その一歩の素晴らしさを感じながら

これまでの思い出を踏みしめるためによちよち歩くのです

実は すごく深い意味があるんですね

こういった意味も込めて一歩一歩 

大切に踏みしめて歩いて頂きたいです

チャペル修正最新版 縮小版

おか