新規来館予約ご希望のお客様
tel.050-5793-0214
ご成約者・ご参列者のお客様
tel.078-846-5422
10:00~18:00 火曜・木曜定休

CUISINE & SWEETS

料理&スイーツ

ホテルの伝統とゲストハウスの革新。
その両方が一体となったホテルプラザ神戸ならではの料理をご用意しております。
また、おふたりの想いを形にするオリジナルウェディングケーキのオーダーも承ります。
ブライダルフェアでは無料試食も可能となっております。

SELECTABLE STYLE

好きなお料理を自由にチョイスできるスタイルを採用しています

STYLE 01 ”おまかせ派”のおふたりは

シェフが全体のバランスを考え抜いた、5つのコースから好みをチョイスするだけ。

STYLE 02 ”こだわり派”のおふたりは

前菜からメインディッシュ、デザートにいたるまで1品ずつ自由にチョイス。
オリジナルコース料理を作り上げることができます。

Adherence

お料理へのこだわり

大切な1日だからこそ、お料理にはこだわりたい。
口コミでも評価の高いプラザのオリジナル料理で、ゲストの皆様をおもてなしいただけます。
お客様のご要望に合わせて料理長との念密な打ち合わせをして作るオリジナルメニューも必見です。

POINT 01

地産地消のおもてなし

料理長が自ら厳選した地元兵庫のこだわり食材でおもてなし。肉は神戸ビーフに淡路鶏。魚介は明石鯛、明石蛸、そして瀬戸内産真鯛を使用。野菜に関しては、淡路玉ねぎ、丹波のベビーリーフ、六甲の有機野菜を厳選。神戸ワインや灘の日本酒などドリンクにいたるまで厳選した地元兵庫の食材を心ゆくまでご堪能ください。

POINT 02

季節ごとに変わる素材

シェフが厳選したその季節ごとに一番美味しい旬の野菜を使用しています。例えばスープ。春はグリーンピース、夏はビシソワーズ、秋はかぼちゃ、冬はカリフラワー。1年間を通して同じ料理を提供することはしません。

POINT 03

五感で楽しめるお料理

美味しさはもちろんのこと。見た目や、お料理の提供方法など細部までこだわっております。試行錯誤を重ねた思わず写真を撮りたくなるような彩り鮮やかなお料理。お客様の目の前でスープを注ぎ熱々のままお召し上がりいただいたり、メインディッシュのソースをお客様の前でかけて仕上げの瞬間を楽しんでいただくなど。五感で楽しめるお料理を体験ください。

MESSAGE

ウェディングで最も大事なのは『料理』であると考えています。

大切にしていること。それは、ただ単に美味しい料理ではなく
「記憶に残るメニュー」であり続けること。
そして、「お客様のご要望にはNOとはいわない」こと。
おふたりの“想い”を大切につくり上げるお料理は、
祝福の気持ちを加え、いっそう華やかに、さらに美味しく
披露宴に華を添えます。メニューの組み立てをはじめ、
お好みの食材など、おふたりのご要望を伺い
オリジナルのコースをおつくりすることも。
皆さまに美味しくお召し上がりいただけるよう、
アレルギーをもつお客様の特別メニューもご用意いたします。
さまざまなお料理を手掛けてきたホテルプラザ神戸の
心あたたまるお料理をご賞味ください。
おふたりはもちろん、ゲストの五感に響く
創造的なおいしさを追及したお料理をぜひ佳き日に。

Adherence

デザートへのこだわり

ホテルプラザ神戸では専属のパティシエが自家製で手掛け、
見た目の美しさと美味しさを兼ね備えたホームメイドのウェディングケーキを作っています。

「料理の最後に食べたものは印象に残りやすい」
だからこそ、
常に新しく斬新な発想でデザートを提供しております。

POINT 01

なんでもデザインする技術力

おふたりの趣味、お仕事、想い出の場所 etc. なんでもデザインし、カタチづくるオリジナルウェディングケーキ。これまで、たくさんのご新郎・ご新婦様が、ゲストもあっと驚く世界でただひとつのウェディングケーキを前に、笑顔でケーキ入刀をされてきました。
ホテルプラザ神戸ではおふたりが想い描かれているイメージを伺い、パティシエが、マジパンやデコレーションの技術を駆使して、オリジナルウェディングケーキをおつくりいたします。

POINT 02

専属パティシエがつくる自家製スイーツ

ケーキづくりには「芸術的要素が重要」だという考えの元、プラザ独自のスイーツを作り続けている。細かく分量にまでこだわった卵の風味濃厚なふんわりスポンジ。結婚式ならでは、年齢層の広いゲストに好まれるようにと、こだわり抜いた甘すぎない生クリーム。既製品を使用しないこだわりのスイーツが、おふたりのパーティに彩りを添える。

POINT 03

大迫力のパフォーマンス

冷たいアイスクリームに季節のフルーツを使った温かいソース。口に含んだ時の、溶けるか溶けないかの瞬間が新食感で格別な美味しさ。フルーツは温めることで甘さが引き立ち、ご年配の方でも甘いものが苦手な方でもお召し上がりいただき、慶びのお言葉をいただきます。
好評なのにはもう一つ理由が…ソースは料理長自らおふたりのご披露宴会場に出向きフランベ。皆さまの目の前でのパフォーマンスは圧巻の一言。季節のフルーツソースを実況しながらつくり上げていきます。披露宴の最初から最後までおもてなしの心を料理とデザートを通してお届けいたします。

INTRODUCTION

パティシエ紹介

ブーランジェリーを営む両親の元で育ち、
自らも美味しさで人々を幸せにするパティシエを志す。

日本菓子専門学校を卒業後、東京や神戸で様々なジャンルの菓子作りを学ぶ。
2005年からホテルプラザ神戸にて卓越技能賞(現代の名工)や黄緩褒章を受章した阿部忠二のもとに師事。フランス菓子の伝統と現代の嗜好との調和を考え、日々創作活動に励んでいる。

パティシエ森田 至彦

OTHER CONTENTS